難聴と風邪は全く関係ないように思えますが、実は風邪がきっかけとなって難聴となる場合があるのです。

風邪を引くと、繁殖した細菌が耳の神経を破壊することがあり、その結果難聴になるという可能性があります。
また、風邪のウイルスが内耳の炎症を引き起こし、突発性難聴となる可能性もあります。

ですので、風邪が治っても耳の調子が悪いと感じた場合は、難聴となった可能性がありますので、出来るだけ早めに病院を受診してください

特に子供は大人よりも体が弱いため、風邪が原因で難聴になる可能性が高いと言われています。大人でも風邪が長引くと難聴になる可能性が高くなりますので、できるだけ早めに治すようにしましょう。

風邪で難聴になる場合は、前日までは何も異常が無かったのに、突然難聴になるということが少なくありません。

また、風邪以外に、寝不足も難聴を発症させる原因と言われていますので、ご注意ください。