いわゆる「難聴アプリ」とは、聴覚障害者向けのスマートフォンアプリのことです。

主な難聴アプリは、次のようなものです。

聴力をチェックするアプリ

聴力をチェックして、難聴なのかどうかを確認できるアプリです。
病院で検査をした方が間違いありませんが、音の聞こえ方に違和感を感じた時、取りあえずこのアプリでチェックすることができます。

補聴器として使用できるアプリ

補聴器として使用できるアプリもあります。
内蔵マイクから周囲の音声を収集し、音域や音量などを調整し、イヤホン(ヘッドホン)から音声を出力します。
細かい設定ができるため、一般的な補聴器よりも便利だと感じている人も少なくないようです。

音声による筆談アプリ

難聴の方と会話をする時に、声による筆談が可能です。会話を音声認識技術を使ってサポートします。
入力した文字を音声で再生したり、入力した音声を文字で表示したりします。
お互いの意思疎通を図るのに非常に便利です。