難聴の治療としては、主に次の3つが行われます。
難聴になると、このような治療を行いますが、完治させるのは現状では非常に困難です

薬物療法

症状の軽い難聴と診断された場合は、薬物療法から始まることが一般的です。
難聴に効果のある薬を服用して治療を行うわけですが、薬によっては副作用があります。例えば頭痛、不眠、カルシウム不足、感染症リスクの上昇、食欲不振といったものです。

手術

症状が酷い場合は手術を行うこともあります。ただし、必ず治るというわけではなく、症状が改善しない可能性もあります。
事前に医師とよく相談して、手術するか否かを決めてください。

心のケア

ストレス性難聴の場合、ストレス自体を解消する必要があります。
難聴の原因がストレスですと、耳鼻科で治療を行っても治らないことがありますので、心療内科などに通うケースも少なくありません。また、家族のバックアップも必要不可欠です。