難聴かどうかを判断する場合に病院で行われる検査は、一般的にはヘッドホンをつけて片耳ずつ音を聞くというものです。この際に使用する機械を「オージオメーター」と呼びます。
この検査によって、どのくらい小さな音まで聞こえるのか、どのくらい低い音や高い音が聞こえるのかを調べることができます。
また、骨導イヤホンを装着して、伝音難聴なのか感音難聴なのかを調べる検査も行われます。

軽度の難聴であれば、日常生活に支障をきたすことはそれほどありません。
しかし中度や重度になりますと、人の話し声を正確に聞き取ることができませんので、生活に大きな支障をきたすでしょう。
いわゆる「コミュニケーション障害」となってしまいます。

中度以上だと診断された場合は、補聴器を装着することになります。

難聴 補聴器 関連商品

補聴器が役に立たなくなってしまうほど重度の場合は、人工内耳を埋め込む手術という方法もあります。

難聴は早期発見、早期治療が重要です。耳の聞こえが悪いと感じた場合は、早めに病院で検査を受けましょう。
大丈夫だと思っているうちに悪化してしまうことがありますので、気を付けてください。