難聴となってしまった場合、薬で完治するのは極めて困難です
薬の服用では根本的な治療にはならず、症状を改善したり、症状の進行を遅らせる程度のことしか、今のところ出来ません。

この前提で、難聴になった場合に処方される薬は、主に次のようなものとなります。

ビタミン剤

ビタミン剤は、老人性難聴や突発性難聴の場合に処方されることが多い薬です。
神経組織を活発にする働きがあります。

副腎皮質ホルモン剤

副腎皮質ホルモン剤は、内耳の炎症や内耳組織に障害がある場合に処方されることが多い薬です。
突発性難聴の場合に使われることが多いのですが、感染症のリスクが高まる副作用があります。
また、糖尿病や骨粗しょう症を発症させる可能性があります。

イソバイド(イソソルビド)

イソバイドは、低音障害型感音難聴に処方されることが多い薬です。
内耳のリンパ液を正常化させたり、難聴を伴うメニエール病の治療に用いられます。