難聴になっても就職することは可能ですので、ご安心ください。
難聴という問題を抱えながらも就職している人はたくさんいます。

ただし、難聴が重度の場合は、仕事を選ぶ必要はありますし、就職先を探すのに苦労する可能性はあります。
軽度の難聴であれば、ある程度の仕事には就けるはずです。

難聴の人の場合に大変なのは、就職してから後のことでしょう。
就職は可能かもしれませんが、実際に働き始めた時に、様々な問題を抱えてしまうことが少なくありません。

例えば、同僚との会話に入ることが出来なかったり、言葉を何度も聞き返してしまったりなど、居心地の悪さを感じることが多々あるでしょう。

そういった就職後の問題を出来るだけ避けるために、就職する時には、難聴であることを隠さずに正直に伝えることが絶対に必要です。
予め自分が難聴であると伝えておくことで、働きやすくなるでしょうし、自分の心が軽くなります。
難聴を隠し通そうとすると、会社に迷惑をかけるかもしれませんし、自分自身が次第に辛くなっていくでしょう。