難聴になる原因には、病気、けが、薬の副作用、加齢、大音量を聞き続けることなど様々ありますが、遺伝も可能性があります。

遺伝が原因で難聴になることを「先天性難聴」と呼ぶことがあります。
先天性難聴は、1000分の1の確率で起こると言われていますので、決して低くない確率です。

以前は、音を聞いても反応がなかったり、言葉をなかなか覚えないということがきっかけとなって病院を受診すると、先天性難聴と診断されるケースが多かったのですが、最近では、生まれてすぐに分かることが多くなってきました。

両親のいずれかが難聴という場合は、子供も難聴になる可能性があります。
ただし、両親が難聴であっても、子が必ずしも難聴になるということではありません。あくまでも確率の問題です。
両親が難聴でないのに、子が難聴になるというケースもあります。

いずれにせよ、子供が生まれつき難聴という場合は、早期に適切な治療を行う必要があります。
この場合、一般的に補聴器人工内耳を用いることが多いでしょう。