難聴の種類の中に「ヘッドホン難聴」というものがあります。
ヘッドホン難聴とは、ヘッドホンをつけて大音量で音楽などを聴くことによって引き起こされる難聴のことです。
工事現場などで発症する騒音性難聴と同様のものです。

大きな音を聴く以外にも、長時間音楽を聴いたり、周波数が高い音を聴き続けたりすることによっても、ヘッドホン難聴になる可能性があります。

このようなヘッドホン難聴を防ぐ方法は、次のとおりです。
いずれにせよ予防が重要です。

耳を休ませる

耳を酷使し続けると難聴になりやすいので、時々休ませるようにしましょう。
そうすることで耳の負担が減り、難聴を防ぐことができます。

ボリュームを下げる

大きな音を聴き続けるのは耳に良くありませんので、ボリュームを下げましょう。
最初は小さく感じるかもしれませんが、次第に慣れていきます。

体調が悪い時は大きな音を聴かない

体調が悪い時に大きな音を聴くと、難聴になりやすい傾向があります。
体調の悪い時は、出来るだけ大きな音を聴かないようにしてください。