ストレスが原因で難聴になることがあります。

例えば、突発性難聴と呼ばれている症状があります。
これは、突然片方の耳が聞こえなくなるものです。
早めに治療を行えば治る可能性がありますが、2週間程度放置してしまうと治らない可能性が高くなります。
症状が現れたら、すぐに治療する必要があります。

まだ原因は解明されていませんが、過度なストレスを受けることで、内耳に血液が流れなくなり、難聴を引き起こすと考えられています。

また、ストレスによって急性低音障害型感音難聴になる可能性もあります。
急性低音障害型感音難聴にも突発性難聴と同じように片耳だけが聞こえなくなるという特徴があります。
突発性難聴とは異なり、自然に治ることが多い症状です。
しかし、何度も繰り返し発症する恐れがありますし、放置しておくとメニエール病を引き起こすこともあります。