鼓膜穿孔とは、何らかの原因によって鼓膜に穴が開いてしまう病気です。

原因としては、中耳炎やダイビングなどによる急激な気圧の変化、耳を強く叩かれたなどの耳のケガなどです。耳掃除の時に耳かきや綿棒が耳の奥まで入り過ぎてしまい、鼓膜に穴を開けてしまうこともあります。

鼓膜に穴が開いてしまうと、突然の出血や痛み、耳鳴りや聴力低下、難聴などが起こります。中耳炎が原因の場合には耳垂れが出てくることもあります。

鼓膜に穴が開いた状態では、入浴時には耳に水が入らないように注意しなければなりません。

基本的に鼓膜には再生力があるため、時間とともに自然治癒します。しかし時には手術が必要となってしまうこともあります。手術はそれほど難しいものではなく、外来手術で行えます。