難聴は3種類に分けられます。

■伝音性難聴

伝音性難聴とは、外字から中耳までの間で、音が伝わりにくくなってしまう聴覚障害です。

伝音性難聴の原因としては、外耳に異物が詰まっていたり、感染症にかかっていたり、鼓膜に穴が空いていたりなどの場合があります。中耳炎による難聴は伝音性難聴です。大きな音を長時間にわたって聞き続けたり、ヘッドフォンで大音量で音楽を聞いているとなることも多いです。

音を大きくすることで聞こえるようになるため、補聴器を使用すれば生活にあまり支障はありません。機能障害であるため、手術や投薬治療によって回復する可能性があります。

■感音性難聴

感音性難聴とは、神経系に障害のある難聴です。内耳、聴神経、脳のいずれかの場所の障害で起こります。大半の原因は内耳の蝸牛の障害です。

感音性難聴の場合は、高音が聞こえにくく、複数の音の中から特定の音を聞き分けることが難しくなるため、大勢での会話や人ごみの中での会話がしにくくなってしまいます。

補聴器を使っても補うことが難しく、現在の医学では回復が困難です。

■混合性難聴

混合性難聴は伝音性難聴と感音性難聴の両方の特徴を併せ持つ難聴です。

加齢によって聴力が衰えてしまう老人性難聴は感音性難聴に分類されることがありますが、実際には混合性難聴であることが多いでしょう。