耳管狭窄症とは耳管の換気機能が低下する病気です。

耳管とは中耳(鼓膜の内側)と鼻の間にある管のことですが、鼓膜は鼻から耳管への換気によって調節されています。

鼻炎や副鼻腔炎などによって耳管が炎症を起こして粘膜が腫れてしまうと、耳管が狭くなってしまい、耳管狭窄症になってしまいます。子供の場合は滲出性中耳炎の原因になることもあります。

耳管狭窄症には、耳が詰まった感じや自分の声が大きく聞こえる症状があります。痛みはほとんどありません。

飛行機やエレベーターに乗った時、耳がおかしくなった経験をしたことがある人もいるでしょう。これは耳管狭窄症の最も軽いものといえます。すぐに元に戻るようであれば特に問題ありません。

鼻炎や副鼻腔炎などが原因となっている場合は、その原因を治療しなければなりません。それでも治らない場合は、鼻から金属の管を入れて空気を送りこむ治療を行います。

耳の詰まった感じがずっと続いていたり、耳鳴りやめまいの症状もがある場合は、突発性難聴など他の病気の可能性も考えられますので、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。