耳鳴りの原因は、実はまだはっきりと分かっていません
ただし、次のようなことが原因と考えられています。

病気

病気が原因となって耳鳴りがする場合があります。
例えば、突発性難聴、老人(加齢)性難聴、メニエール病、ラムゼイ・ハント症候群、薬物性内耳障害、鼓膜炎、外耳道炎、中耳炎、耳管炎、耳管機能不全、耳硬化症、聴神経腫瘍、自律神経失調症などです。
この場合は病気を治すことが必要です。

薬の副作用

薬の副作用によって耳鳴りが起きることがあります。
抗うつ薬、鎮痛薬、糖尿病の治療薬、リウマチの治療薬などは、耳鳴りを引き起こす可能性があります。

骨格の歪み

骨格の歪みが耳鳴りを引き起こすことがあります。
肩、首、背中などがこって痛い状態が続いていると、体のどこかに歪みが生じ、それが原因で耳鳴りがする場合があります。

大きな音を聞く

大きな音を聞くことで耳鳴りを引き起こす場合もあります。
例えば、大きな音で音楽を聴いたり、近くで大きな爆発音を聞くと起こります。
仕事の都合で長い期間大きな音を聞き続けていると「騒音性難聴」となります。

異物が入る

耳に異物が入ることによって耳鳴りが起こることもあります。
よくあるケースが、耳垢、ゴミ、ダニといったものです。

ストレス

精神的ストレスや身体的ストレスを過度に受けることで自律神経の調子が乱れてしまい、耳鳴りが起こる場合があります。
ストレスを取り除かない限り悪化してしまう可能性があります。