耳鳴りと頭痛が同時に起きた場合は、何らかの病気が原因かもしれません。
耳鳴りと頭痛を起こす病気は、例えば次の病気です。

顎関節症

顎関節症は、あご関節への負担またはストレスなどによって、口が開きにくくなる病気です。
この病気になると、耳鳴りや頭痛の他に、あごを動かす時に音がします

耳性帯状疱疹(じせいたいじょうほうしん)

耳性帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが耳の神経系に感染する病気です。
初期は耳介や外耳道に激しい痛みが起こります。
耳鳴りや頭痛以外に、顔面神経麻痺めまいなども現われます。

耳管狭窄症

耳管狭窄症は、耳管が閉じる病気です。
耳がつまった感じがします。
気圧の変化などが原因です。

航空性中耳炎

航空性中耳炎は、飛行機に乗った時などに起こる症状です。
通常はツバをゴクンと飲み込むことで症状が治まります。
治まらない場合は耳鼻科の受診が必要です。

高血圧

高血圧になると血液の流れが悪くなり、耳鳴りが起こる可能性があります。
同時に、血管が急激に拡張されてしまうため、頭痛も伴います。
生活習慣が乱れている人はなりやすいです。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜが重症になると、耳鳴り、頭痛、高熱嘔吐といった症状が現われます。
重度の難聴になることもあります。

硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう)

硬膜動静脈瘻は、主に中高年の人に多く見られる病気で、動脈硬化や高血圧と併発することが多いと言われています。
頭痛や耳鳴り以外に脳出血を引き起こす場合があり、大変危険な病気です。