耳鳴りとめまいが同時にする場合は、次のような病気が考えられます。
症状がある場合は、放置せずに耳鼻科などを受診するようにしてください。

メニエール病

メニエール病になった場合、片方だけに耳鳴りが起こり、症状が強くなったり弱くなったりします。
音は「ブーン」という低音が一般的で、ぐるぐる回る激しいめまい(回転性めまい)や吐き気も伴います。
そのまま放置しておくと難聴になる可能性があります。

外リンパ瘻(ろう)

外リンパ瘻とは、内耳と中耳を隔てる薄い膜が強い衝撃で裂け、内耳に満たされている外リンパ液が中耳に漏れ出てしまう症状です。
原因の一つには、飛行機に乗った時の気圧変化があります。
「パチッ」や「ポン」といった音や水の流れるような音が聞こえ、めまいが生じることもあります。

脳腫瘍

脳腫瘍になると、耳鳴り以外に、めまい頭痛顔の違和感といった症状が出てきます。
症状が進んでしまうと、顔がしびれたり、真っ直ぐ歩けなくなったり、物が二重に見えたりするようになります。