ストレスが原因で耳鳴りがすることもあります。
自律神経が耳鳴りと関わっているからです。

過度な精神的ストレスや肉体的ストレスを受けると自律神経が乱れ、耳鳴りを引き起こす場合があります。
特に、神経質な人、責任感の強い人、まじめな人、完璧主義者は、ストレスが溜まりやすいため、耳鳴りを起こしやすいといわれています。

また、ストレス原因の場合は耳鳴りだけではなく、難聴やめまいも同時に発症するケースが多いようです。

耳鳴りの症状を放置したままにしておくと、さらに悪化してしまう可能性がありますので、早めに対処する必要があります。
気持ちをリフレッシュさせたり、体を休めたりリラックスさせたりすることで、多くの場合は改善するでしょう。

しかし、しっかり休んでも改善しない場合は、専門医に相談して適切な処置をしてもらうことをおすすめします。

ストレスを出来るだけ溜めない生活をすることによって、ストレス性の耳鳴りは防ぐことができます。
普段から、リラックスできる時間や趣味に没頭できる時間を作るように心掛けてみてはいかがでしょうか。