キーンという耳鳴りがする場合、病気の可能性が高いので、放置せずに病院を受診することをおすすめします。
キーンという耳鳴りだけでは、その原因を特定することはできませんので、耳鳴りの専門家がいる病院で検査してもらう必要があります。

キーンという音がする場合、次の病気が考えられます。

耳の病気

突発性難聴老人(加齢)性難聴になった場合、キーンという耳鳴りが聞こえることが多いです。
キーンという音以外に、金属音や電子音のような音が聞こえる場合もあります。
突発性難聴は片耳だけにしか症状が現われないことが多く、老人性難聴は両耳に症状が現われることが多い、というのが特徴です。

老人性難聴は加齢が原因ですので、改善することは困難です。
突発性難聴は、早期の治療で症状を改善することが可能な場合があります。

脳の病気

キーンという耳鳴りが聞こえ、頭に非常に強い痛みを感じた場合は、脳内出血脳梗塞など脳の病気の可能性があります。
脳の病気を放置しておくと非常に危険ですので、早めに治療をしなければなりません。

以上のように、キーンという耳鳴りがした場合、危険な病気が関係している可能性がありますので、そのまま放置しないようにしましょう。