風邪が原因で耳が聞こえにくくなることはあり得ます。耳、鼻、喉はつながっていますので、風邪で鼻や喉に炎症が起きると、耳にも炎症が起こってしまうことがあります。

風邪が原因で起こりやすい中耳炎には、急性中耳炎と滲出(しんしゅつ)性中耳炎があります。急性中耳炎の場合は耳の聞こえにくさ以外に、痛みや耳鳴りを感じることもあります。滲出性中耳炎の場合は耳が聞こえにくい以外の症状があまり起こりませんが、子供や年配の方が発症しやすい病気です。

鼻を何度もかむことによって、耳管狭窄症や耳管開放症になってしまう場合があります。鼻を強くかみすぎたために鼓膜が破れてしまったということもあります。

風邪が原因で耳が聞こえにくい場合、風邪が治ると耳の聞こえにくさが改善することが多いです。しかし、風邪が治っても耳が聞こえにくいままであったり、耳に何か違和感を感じるようでしたら、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。原因不明だといわれている突発性難聴は、風邪や風邪のような症状の後に発症する方も少なくありませんので、放置せずに病院へ行くことをおすすめします。