薬の副作用で耳が聞こえにくくなることがあります。薬の副作用が原因で耳が聞こえにくくなってしまう症状を薬剤性難聴と言います。難聴を起こす原因となる薬剤には幾つか種類がありますので、服用する際は注意が必要です。

よく知られている薬剤は次のようなものとなります。

  • アミノグリコシド系抗生物質(ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシンなど)
  • 抗がん剤(シスプラチン)
  • 利尿剤(フロセミド)
  • 解熱消炎鎮痛剤(アスピリン)

これらの薬剤には内耳毒性、つまり内耳に障害を与える可能性があるため、耳が聞こえにくくなる副作用が出てしまうことがあります。耳が聞こえにくいだけでなく、耳鳴り、めまい、頭痛などの症状が出ることもあります。

これらの薬剤の中でも特にアミノグリコシド系抗生物質や抗がん剤による副作用の場合は、一旦聞こえにくくなると治りにくいとされていますが、その他の薬剤の場合は服用を中断すれば徐々に回復します。

薬剤性難聴の場合、一般的には両耳同時に症状が出ることか多いと言われています。初めは高音が聞こえにくくなり、次第に低音へと進行していきます。会話で使う周波数帯が聞き取りにくくなった段階で難聴に気付くことが多いようです。