溜まった耳垢(じこう、みみあか)や耳に入った異物が原因で耳が聞こえにくくなってしまうこともあります。

耳垢とは、新陳代謝で古くなって剥がれ落ちた皮膚、耳に入ったゴミやほこり、皮脂腺からの分泌物が固まったものです。通常は自然と耳の入口まで出てくるようになっています。

しかし、あまりに溜まり過ぎると、耳垢によって耳の穴(外耳道)が詰まってしまい、耳垢栓塞という病気になり、耳が聞こえづらくなることがあります。この場合は、自分で耳掃除をしたり、耳鼻科で耳垢を取り除いてもらえば、耳の聞こえ方は改善するでしょう。

ところが、耳垢の掃除をし過ぎるのは良くないのです。あまりに頻繁に耳垢の掃除をしていると、次第に強くこするようになって、耳の中に傷を作って外耳炎を起こしてしまうこともあります。また、耳掃除によって耳垢を耳の奥の方に入れてしまうこともあります。

耳掃除をしないのも良くありませんが、神経質に耳掃除をし過ぎるのも問題と言えます。通常ならば週1回から月1回程度で十分です。

耳に異物が入ってしまった場合にも聞こえにくくなることがあります。耳に違和感を感じたら、すぐに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。