ヘッドホンが原因で耳が聞こえにくくなってしまうこともあります。次のような状況が複数当てはまるのならば、ヘッドホンが原因で耳が聞こえにくくなっている、いわゆる「ヘッドホン難聴」になっている可能性があります。

  • ほぼ毎日のようにヘッドホンを利用している
  • いつも外部の音が完全に遮断されるほど大きな音量で聞いている
  • 30歳未満の比較的若い世代である

ヘッドホンの利用頻度が高く、普段から日常的に大音量で使用している人は、ヘッドホン難聴に陥ることがあります。近寄るだけで「シャカシャカ」といった音が漏れ聞こえるような大音量の聞き方は、非常に危険です。

ヘッドホン難聴と呼ばれる症状は、内耳がダメージを受けることで起きてしまいます。治療は難しいと言われています。

また、高齢になるにつれて難聴のリスクは高まりますが、まだ若いのに耳が聞こえにくくなった場合は突発性難聴の可能性があります。

早めのうちに治療を始めませんと、深刻な症状になってしまうこともありえます。聞こえにくいと感じたら、出来るだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。